割り切りの意味は?

割り切りとは、読ん字の如く割り切る関係と言う意味です。

 

ですが、これは何も気持ちを割り切ってセフレになりましょう!

 

と言う意味ではないです。

 

そこには、お金が絡んでいて女性がお金さえもらえれば気持ちも身体も割り切った状態で関係を持ちますよ!

 

と言う意味です。

 

さすがに、50代のおじさん相手に20歳の女子大生が関係を持ちたいと思ったとしたら、「俺のイケメンぶりに女子大生がメロメロになっている」と言うのはなかなか難しいですよね。

 

有名なイケメン俳優やアイドルであれば別かもしれませんが。。

 

そこで、お金以外でとなると、よっぽど男性に何か特殊なスキルがあれば別かもしれないです。

 

例えば・・・

 

話を聴くのが物凄いうまい

 

女性がたまたま枯れ専好き

 

何かの講師をしており、資格取得まで教えることができる

 

社会で役立つマル秘専門分野がある

 

もの凄いHがうまい(舐め犬、乳首イキ、中イキなどを体験させることができる)

 

など、お金以上の価値を女性に提供さえできれば、お金をあげなくても絡み合うことは0ではないですが、たいていはお金ですね。

 

特に、Hしないと分からないことであれば、お金を渡すのは仕方がないことでしょう。

 

ただし、出会ってからお金を渡すだけで女性と寝ることができます。

 

しかも、法律上の様々な縛りから逃れることができます。(18歳以上であればですが)

 

さすがに暴行事件などはダメですが、中だしやハメ撮りなど相手がOKさえすれば問題ありません。

 

ただし、不倫は相手に特定され裁判を起こされた場合はこの限りではないです。

 

また、”妊娠した”と適当なことを言ってくるケースもありますので注意してくださいね。

 

大事なことは?

 

割り切りをする場合は、間違ってもあなたの氏名、住所が分かるものを持ち歩いてはいけません。

 

後々のトラブルになりやすいからです。

 

領収書や免許証などできるだけ持っておかず、お金とカードくらいで大丈夫です。

 

また、女性といる間は服を脱いだとしても、財布を風呂場に持ち運ぶなどきめ細やかな対応をしておくと良いでしょう。

 

何度も会っている女性であれば、信頼関係が出来ているので安心しても良いでしょうが、最初はダメですね。

 

今は、最初は顔合わせだけで済ますケースが増えているのは、危なそうな女性とは関係を結ばないようにするためでもあります。

 

特に、お金に相当困っている女性であれば、ゆとりがないので何をするのか分からないですから、まずはお茶に誘って大丈夫そうな女性とだけ関係を持つようにしてみましょう!